サプリメント

乳酸菌はアトピーに効果をもたらす

乳酸菌は多くのアレルギーに対する効果を持ちますが、アトピーも効果が見込まれる一つです。
乳酸菌のいくつかは、アトピーにも有効です。
特に高い効果を期待されている種類として、LGG菌があります。
LGG菌には、アトピーやその他の皮膚炎の発症を抑える働きがあるとされています。
他にも、花粉症の鼻づまりに有効http://www.noonvalero.com/kahunnsyouyobou.htmlだったり、腸まで届きやすかったりといった特徴を持っています。

アレルギーは特定のアレルゲンに対して、体内の免疫細胞が過剰に反応することが原因です。
LGG菌を含む一部の乳酸菌は、アレルゲンに対抗する細胞の働きを強め、対抗をやめる細胞の働きを弱くする効果があります。
また、腸内環境を整えることで、栄養素が過剰に吸収されることを防ぎます。

LGG菌の他には、L-92乳酸菌、L-55乳酸菌も有効であるとされています。
これらの菌はヤクルト等の乳製品から摂ることができますが、含まれている成分は製品によって異なり、例えばL-92菌はカルピスのようなジュースには含まれていません。
必要な成分を自分で探し、それが含まれるものを摂取することが必要です。

アトピーに悩まされている人にとって、その症状は非常に重要な問題です。
医学的に完全なわけではありませんが、乳酸菌でアトピー改善を試してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ