サプリメント

牛乳と乳酸菌の関連性

乳酸菌は、腸を中心に動物の体内のいたるところに生息しています。
そして牛乳は元々動物の乳を搾ったものであり、牛乳と乳酸菌には深い関係があります。

実は、市販されているほとんどの牛乳には乳酸菌が入っていません。
その理由は、牛乳の製法にあります。
実は、市販の牛乳の多くは130度程度の高温で2秒程度熱して殺菌しています。
菌類は高温に弱いため、熱することでほとんどの菌が死滅します。
しかし、この高温での殺菌で、体にとって重要な乳酸菌も死滅してしまうのです。
これが理由で、市販されるほとんどの牛乳には乳酸菌が入っていません。

中には乳酸菌がいる牛乳もあります。
これらの牛乳は高温での殺菌をしていません。
63度~65度で30分間熱して殺菌したものがこのタイプの牛乳です。
このタイプの牛乳は味も濃厚で、栄養的にも普通の市販される牛乳より多くの栄養素を含んでいます。
しかし、これらのタイプでは乳酸菌以外の菌類も入っており、日持ちも短めです。
そのため、大手の牛乳メーカーは生産をしておらず、入手は難しいでしょう。

他の乳製品http://www.s-coop-chiba.jp/comparison.htmlには必ずと言っていいほど入っている乳酸菌ですが、その原料となる牛乳にはほとんどの場合、入っておりません。
牛乳で乳酸菌を摂取したい場合、低殺菌牛乳と呼ばれるものを探さなければなりません。

このページの先頭へ