サプリメント

腸内に存在する善玉菌と悪玉菌

人間の腸内には乳酸菌など細菌類が多数生息しています。
人によってその種類や生息する細菌の総数は異なりますが、およそ100種類で100兆匹前後の細菌が棲んでいることがわかっています。
これらの細菌類は、善玉菌と悪玉菌の2種類に分けられます。

腸内の善玉菌は、腸内を酸性にする傾向があります。
乳酸や酢酸を生成し、腸内のタンパク質の腐敗を防ぎます。
その結果、便やおならのにおいの原因であるアンモニア等の有毒ガスが腸内にたまらないようになります。
また、この有毒ガスの分解により、便秘の解消にも効果的です。
また、ビタミンを体内に取り入れることを助けたり、コレステロールの体外排出を助けたりします
善玉菌の活動が活発な場合、免疫力も高めるという特徴があります。
乳酸菌はこの善玉菌の一つです。

腸内の悪玉菌は、腸内をアルカリ性にする傾向があります。
悪玉菌の中には毒性を強く持つ種類もあります。
大腸菌O-157はその一例です。
とはいえ、腸内にいる悪玉菌は、存在するだけですぐに健康を害するものばかりではありません。
腸内の悪玉菌は、タンパク質を分解し腐敗させることで、悪臭の原因となるアンモニアを生産します。
このアンモニアがおならのにおいや口臭の悪化をもたらします。
また、体に必要な栄養素の吸収を妨げるため、排便リズムが狂って便秘の原因にもなります。

体内の善玉菌と悪玉菌は、互いに住処を争っています。
乳酸菌は、善玉菌の住処を確保することを助けています。
乳酸菌に関するおすすめ書籍についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ